クリスマスと言えば、これでしょう! - 負けない羊のアフィリエイト知恵袋

負けない羊のアフィリエイト知恵袋 ホーム » スポンサー広告 » クライストチャーチのココが見たい! » クリスマスと言えば、これでしょう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスと言えば、これでしょう!

巨大なポインセチアクライストチャーチのボタニックガーデン内にある温室に、現在、こんなディスプレイ(?)があります。

人の背の高さより高くポインセチアが積み上げてあって、温室に入った途端、オッと目を引きます。

次に、その赤い色の鮮やかさに、ハッとします。

ポインセチアの赤い色は、花じゃなくて、葉っぱなんですね。(ポインセチアのお花は、赤い葉の真ん中にある小さな小さなものです。)

何故温室の中にあるかというと、ポインセチアがクリスマス色になるのは、北半球のクリスマスの時期、つまり冬なのだそうです。温度というより、日照時間が短くなることが、この鮮やかな色づきには必要だそうで、温室の中で調節しているんだそうです。(この時期、ニュージーランドの屋外は、夜9時過ぎまで明るいですから…。)
ポインセチア拡大見れば見るほど、本当に、クリスマスにぴったりの色ですよね。

ニュージーランドのクリスマスツリーと呼ばれるポフトゥカワツリーも、同じように赤と緑がきれいになるのですが、クライストチャーチ周辺では、もう少し先になりそうです。(クライストチャーチの近くでポフトゥカワツリーがきれいなのは、アカロアの辺りだそうです。)








ヤドリギ-この下では、誰もがキスを?ってやつです。それから、右の写真、何だか分かりますか?

いくつも種類があるそうですが、よく、映画などの一場面に登場してくる、あれです。
日本語で言えば「ヤドリギ」。Mistletoeという、クリスマスの飾りに使われる小枝で、この木の下にいる人にキスをしてもいいってやつです。

映画なんかで見るのは、クリスマスパーティなどで、この小枝の下に立っていることに偶然気づいた二人がキスをするってパターンですよね。

ちなみに、これ、今日、クライストチャーチのボタニックガーデンで行われた、クリスマスに纏わる植物をガイド付きで見て回るウォークに参加した時に、もらってきたものです。決して、勝手に枝を取ってきた訳じゃありません。(笑)

ボタニックガーデン内では、地面に落ちた葉っぱや実は勝手に拾って持ち帰ることが出来ますが、木の枝を折ったり、葉っぱをちぎったり、実や花を取っては駄目です!(ただ、落ちていた実などを日本へ持ち帰ることは、植物検疫の関係から、難しいかも…。)

この枝をもらう時に、「今の若い人は知らないかも…」と言っている人たちがいたので、この小枝に纏わるロマンス(?)の話は、徐々に忘れ去られているのかも。

日本名そのままに、ある木に、全く違う他の木が宿ってます。(写真では分かり難いかも知れませんが、上のちょっと太目の枝の部分と、そこから細い枝や葉が伸びている部分は、全く違う別の木なんですよ。)

今現在は、負けない羊の部屋の壁に、飾ってあります。(絵などを飾る為のフックに、枝の部分をひっかけてみたら、ちょうど良い感じになったので…)

このウォーク、月に一度、毎回テーマを変えて行われています。普段は地元の人たちばかりってことが多いのですが、さすがに今は夏、お隣のオーストリアや、遠く離れたヨーロッパのオーストリアから来た方々まで参加されていました。

主催:Friends of the Christchurch Botanic Gardens
ガーデンの保護やプロモーションを行う為に結成されたグループで、植物に関する教育などにも携わっています。ガーデンに関する様々なボランティア活動を行っている他、特別なガーデンツアーの手配などを依頼することもできます。



ついでに、先日、大聖堂広場の写真を撮った帰りに、コロンボストリート(クライストチャーチのメインストリート)沿いにあった花壇の写真を撮ったので、それも合わせてご紹介しておきますね。

街頭のクリスマスデコレーションは、ドイツと比べると、ぜ~んぜん寂しいものだと思いますが、その代りに、夏のお花がそこら中に溢れています!(あ~、でも、ドイツのクリスマスデコレーションもこの目で見てみたい~~~。>mafmafさん

お花その1 お花その2
お花その3 お花その4
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

きれいな赤~♪

すごいキレイにポインセチアの赤が出ていますね。(羊さんのカメラの機種が気になるなぁ…。)日照時間でポインセチアがキレイに色づくとは知りませんでした。勉強になりました!

> Mistletoe
ドイツ語ではMistelって言うんです。なんか英語と似てますよね?でもちょっとドイツのMistelとは違う感じかも。ドイツのはもっとドクドクしい黄緑色なんです。透明っぽい実が映えてキレイですけどね。

明日、クリスマスマーケットに行こうと思っているのでできたら私も写真撮って来ますね~!

2005-12-17 23:16 │ from mafmafURL Edit

花!

おお。すごいきれい・・。
クライストチャーチに行ったときに、花が多かった!という記憶がよみがえって参りました。
クイーンズタウンもよかったなあ。

2005-12-19 17:00 │ from 柴田@リンクシェアURL Edit

実は、先週…

>柴田さん
Avon Riverはどこへ行ったんだろ~と疑問に思っていらっしゃるかも知れませんが、実は、先週、Avon River沿いで事件が起こりまして…。一部エリアはポリスによってブロックされたりと、クライストチャーチは2日間ほど大騒ぎでした。。。
既に犯人も捕まり、裁判も始まったのですが(こちらは早いですから…)、なんとなく、足が遠のいてしまって、、、。
写真は、もちょっとしてからにしますね。

あっ、観光客の皆さんや負けない羊とかが巻き込まれるような事件ではなかったので、ご安心を~。

あのぉ~、10年前、バックパックを背負った「雑草のように逞しい花」(=今より10歳若い負けない羊)は見かけませんでしたでしょうか?(笑)

クイーンズタウン、私も久々に行ってみたいです。。。観光客があまり行かない、湖の反対側っていうか、静かできれいで何もかも忘れてボーッと景色を眺めていたくなる場所があるんですよっ。今の季節、いいだろうなぁ~。


>mafmafさん
カメラを紹介しちゃおうかと、既に商品リンクコードは取得済みです。(笑)

スイスのバーゼルのクリスマスマーケットも素敵だなぁ~。私は暖かいワインが苦手なのですが、、、って、これは、mafmafさんのブログに書いた方がいいコメントですね。
今日はこれから、Girls Nightってことで、友達を呼んで広島風お好み焼きを作るので、明日にでも、コメントを書きに行きますねぇ~♪

2005-12-19 17:41 │ from 負けない羊URL Edit

トラックバック

http://hitsuji.blog2.fc2.com/tb.php/70-50fb7c5b

写真の整理

∞∞∞∞∞∞∞∞∞ NZ10日間の旅行の写真整理に丸1日掛かってしまった。 もう老い先永くはない身のこととて普段記録にはあまり関心がないのだが、今回は庭の写真を多く撮ったので整理する気になった。 これまではフィルムを店に出せば無料でプリントしてくれたのに、デ

2006-01-06 20:27 │ from 黒潮丸のガーデニング通信

コロンボ (植物)のマメ知識

コロンボ (植物) }}コロンボ (''Jateorhiza columba'') はツヅラフジ科の植物。モザンビーク、マダガスカルなどに生育する。コロンボの根は日本薬局方収録の生薬「コロンボ」であり、苦みの強いアルカロイドを含み苦味健胃剤として使われる。身近なところでは奥田胃腸薬など

2007-02-25 16:40 │ from 医薬品のマメ知識

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。