クライストチャーチのHarper AvenueとHagley Golf Courseの続きが見たい! - 負けない羊のアフィリエイト知恵袋

負けない羊のアフィリエイト知恵袋 ホーム » スポンサー広告 » クライストチャーチのココが見たい! » クライストチャーチのHarper AvenueとHagley Golf Courseの続きが見たい!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クライストチャーチのHarper AvenueとHagley Golf Courseの続きが見たい!

一つ前の記事、クライストチャーチのHagley Golf Courseが見たい!に続く続編です。

柴田さんからもらったリクエストの中から、Hagley Park & Hagley Golf Course沿いにあるHarper Avenueをご紹介します。
※柴田さんって誰?っていう方は、今すぐ「LinkShare(リンクシェア)」さんのアフィリエイトプログラム」に登録しましょう。そしてそして~、ブログにリンクシェアさんの記事をいっぱい書くと、柴巡がサーチエンジンのロボットに負けないスピードで、あなたのブログにやって来るやも知れません!?
(↑しっかりちゃっかりアフィリエイトしている負けない羊)


写真の撮影は、Hagley Golf Courseと同時にしたので、流れ的に、前記事から読んでいただけると嬉しいです。

ジョギングや散歩コースで人気のHaper Ave沿いの歩道左の写真は、Harper Ave沿いの歩道っていうか、サイクリングロードっていうか、ぐるっとHagley Parkを一周している人気コースです。

右に見えている車道が、今回リクエストを貰ったHarper Ave。

左側が、今歩いてきたゴルフコース。

ということで、南を向いて写真を撮っている訳ですね。夕方5時半過ぎに。

このHarper Aveをこのまま真っ直ぐ進んでしばらく行った後、右にFendalton Roadへ曲がると、日本人観光客の方の観光コースに入っているらしいMona Valeがあって、そのままずずぅ~っとFendalton Roadを進んでいくと、クライストチャーチ空港へと続いています。

Fendalton Roadとの角で、右に曲がらず、そのまま真っ直ぐHarper Ave(途中で名前が変わります)をHagley Park沿いにぐるっと囲むように進むと、Moorhouse Aveに続いています。(街の南側を東西に横切る比較的大きな通り)


路面の人と自転車のサイン数歩下がって、地面をパチリッ。
逆光でちょっと分かり難いかも知れませんが、人や自転車の通り道であることを示す絵が描いてあります。

















北に向かってパチリッ回れ右して、北側を向いて写真を撮ると、こんな感じです。

歩道の右と左に、樹が植えてあるのが分かるでしょうか。
春先には、日本の桜を思わせる、白っぽい花が満開になって、ほんとにきれいです。
ゴザを敷いて、宴会したくなるくらい見事な花街道になります。

ところが、どうやら、毎年毎年、ずっと見事な花を見せてくれていた右の大木並木の木々は、私たち素人には分からない病気に掛かっているそうです。樹の専門家の方が、そう診断されたそうです。

このまま放っておくと、枯れていく&病気が広がっていくので、既に伐採が決定しているのだとか。

そこで、新たに植えられたのが、左側の樹。
まだまだ若いですが、右の大木並木に負けないように、大きく逞しく育って欲しいです。(←まるで母親気分の負けない羊)





分かるかなぁ~、右と左の木の違いが…より、左右の木々の違いが分かる写真は撮れないかなと、いろいろ撮ってみた内の一枚。

でも、距離的に、ちょっと難しかったみたいです。

正規取材ではなく、ついで取材にしてしまった為に、あまり、あちらこちらに動く時間が無かったので、ご勘弁を。












帰宅ラッシュ?残業をする人が、基本的に少ないニュージーランド。(一昔前と比べると、若干残業をする人たちが増えてきたようなので、皆無とは言えませんが、まず、どこのオフィスでも、定時で帰る人がほとんどですね。)

5時を過ぎると、帰宅ラッシュで道路が込み合います。

Harper Aveも、結構込み合う道路なのですが、日本の渋滞に比べたらぜ~んぜん。車が全く動かなくなることは無いし。

渋滞で、あんまりイライラする必要もないみたいです。(負けない羊も以前住んでいた、ニュージーランド最大の都市オークランドでは、こうはいきません。さすが大都会。朝夕、Motor Way(高速:勿論無料)も、一般道も、かなり渋滞します。)









信号が変わると、渋滞時間でもすっきり信号のタイミングによっては、ほらっ。

帰宅が重なる通勤ラッシュの時間帯とは、思えないでしょ。
















舗装されていない散歩道Harper Aveの車道があって、その横に歩道があるんですが、そのもう1本内側、Hagley Park&Golf Course寄りに、舗装されていない遊歩道が、これまたHagley Parkをぐるっと一周するようにあります。

散歩やジョギングに、舗装道路を好む人もいれば、舗装されていない遊歩道を好む人もいます。(犬を散歩させる人は、舗装していない道路を使う場合が多いみたいです。)

車道沿いの歩道もそうですが、この1本内側の遊歩道も、両脇に樹がずらずらずらぁ~と並んでいます。

こういった並木道、負けない羊は大好きです! (ふらふらお散歩してると、飽きません。新しいアイデアを考える時にも最適な場所!イベントやプロモーションのアイデアに行き詰ったら、みなさんで社員旅行にいらして下さい。>柴田さん!)

今も、Hagley Parkまで歩いて行ける距離に住んでいますが、以前はもっと近くに住んでいたので、Hagley Parkはお決まりのお散歩コースでした。


ちなみに、この写真は北向き。(左が車道側で、右がゴルフコース側)





舗装されていない散歩道回れ右した南側は、こんな感じ。

こんな風に、延々と、緑の並木道が続いています。(色は、四季それぞれ素敵で、紅葉っぽい秋もいいですよ。)
















年間会費340ドル!さて、Harper Aveの写真も撮ったし、駐車場へ戻らなきゃと、今来た道を引き返そうとしたら、いきなり目に飛び込んできたのが、この看板。

車道からも見える位置です。(Harper Aveに向けて立てられています。)

一年間(12ヶ月)の会員費用は、340NZドル。(昨日から今日に掛けても、またまた対NZドルの円は下がってて、もう、1NZドル90円になってしまいそう。で、90円で計算してみると、30,600円。)

アジア系の人も、結構会員になってるみたいです。(最近知り合いになった中国人の友達も、移民して来て日が浅いのに、既にここの会員になってるって言ってました。アジア系の人たちや女性にも人気のようですよ。)










皆さん、お金は払いましょう!そこから数歩歩いたところで、またまた別の看板(サイン)を発見。

右の木のサインには、Caution Golf Courseって書いてあるみたいなんですが、近づいて見ないと読めません。

ここにゴルフコースがあるって知らない観光客の人とかは、歩いているところへ、いきなりボールが飛んできて初めて気づくんじゃないでしょうか。(道路に打ち出す人もいたって、最近、どこかで耳にしたような…?)

左の白い部分には、「ビジターの人は、プレイする前に、必ず料金を払って下さい」っていうのと、「芝を飛ばしたら、ちゃんと元に戻して、踏み均しといてね」っていう注意書きが書いてあるみたいですが、これじゃ誰も読まないような…。

地元のゴルフ好きの人は、きっと、年会費を払ってると思うので、そのまま勝手にプレーしちゃうでしょうし、ビジターの人も、ついついそのままプレーしちゃったりして。

だって、ほんとに、散歩コースのど真ん中にあるゴルフコースなので、誰でも好きなホールからプレー出来ちゃいそうなんですよ。



こんな分かり難いところに…普通に見た感じでは、この注意書きは全然目立ってません。

これっ、絶対に分かり難いですよね。

ちなみに、すぐ右に見えている小道を、再びゴルフコースのど真ん中を突っ切りながら、ひたすら真っ直ぐ戻ると、駐車場です。









これがHagley Golf Courseだっ!なんだか、「これがHagley Golf Courseだっ!」っていう写真が欲しくて、駐車場まで全力疾走しながらも、顔をキョロキョロさせていたのですが…。

結局、「これがHagley Golf Courseだっ!」に選ばれたショットはこの写真。

なんか、普通の原っぱに、ただ、木が何本かあるだけって気もしますが、こんな感じのゴルフコースです。

記憶の中のゴルフコースと比べて、いかがでしょう、柴田さん?

通り掛かりにこのブログに偶然来て下さった皆さん、クライストチャーチに来て、ゴルフがしたくなったでしょうか?

世界的に有名な選手もついに登場し(USオープンで優勝したMichael Campbell)、 ニュージーランドのゴルフ熱は高まりつつあります。ゴルフ留学をしに来る人たちもいるんですよ。

ご紹介したゴルフコースは、クライストチャーチの町のど真ん中にあるもので、ちょっと物足りないと思われる方がいらっしゃるかも知れませんが、ニュージーランドの各地には、このゴルフ場と同じくらいのんびりとしたものから、国際大会が開かれる本格的なものまで、ほんとにたくさんのゴルフ場があります。(どこも、日本に比べれば、手頃な価格で気軽に楽しめます。)

予約が必要無い所も多いですし、後から来た人に先に行ってもらえば、自分のペースでのんびりとゴルフが出来ます。

ゴルフ好きのみなさん、是非、一度、ニュージーランドのゴルフ場でプレーしてみて下さいませ。





駐車場へと走りながら、最後にもう一枚。この後、ここ最近運動不足であることをヒシヒシと感じながら、普段走りなれていない身体で何とか駐車場へと戻り、予定通り夜間講座の教室へと向かいました。
そうそう、駐車場には、仕事帰りにゴルフをする為にやって来た人たちの車が、 続々と到着してました。(最近、夜9時ぐらいまで明るいので)

近道を探して、行き止まりの場所へ迷い込んだりしたので、結局、2~3分遅れで教室に到着。でも、全然問題ありませんでした。(まだ、授業は始まってませんでした。)

クライストチャーチの道にはかなり慣れたつもりでも、一方通行が多いだけに、近道探しで失敗したことが何度かある負けない羊。急がば回れですよね、ほんとに。
近道しようとしなければ、間に合ってたみたいです。

左上の写真は、駐車場近くまで戻ってきた時に、最後に一枚撮った写真。
特に意味は無い写真ですが、緑と、白い雲のある青空と、真っ直ぐな道。今からの季節は、これに尽きます。







実は、昨日の金曜日、我が家からクライアントのオフィスのほぼ中間点にある大聖堂広場で、仕事を終えて帰ってくる途中に写真を撮ろうとしたのですが、数枚撮ったところで、カメラのバッテリー切れ。。。(←準備不足)

ちょっと曇り気味だったしということで、大聖堂広場については、後日撮り直してきま~す。

柴田さんの他にも、過去にクライストチャーチの大聖堂広場を訪れたことがあるという方。以前と変わっていない所、変わった所を写真に撮ってきますので、お楽しみに。


本日、某ECサイトさんの商品紹介ページが完成したので、明日は、「燃えキャン」攻略法その4をアップ出来ると思います。。。たぶん、、、きっと。。。
スポンサーサイト
ここは記事下のフリースペースです
コメント
非公開コメント

おお、いいかおりがするー

負けない羊さん、おはようございます!
またもや写真アップどうもありがとうございます!
なんだか、ゴルフコースもHarper Aveも羊さんの写真をみていると、僕が旅行のときに感じた町の匂いを思い出す気がします。
NZの空気はほんとにいいにおいなんですよー!!>>みなさん

写真だけではわからないけど、10年前と全然変わってないような(笑)

こちらは朝は1度と寒くなったので、あたたかい写真はいいですねー。






2005-12-05 12:57 │ from 柴田@リンクシェアURL Edit

良い天気ですね~!

ゴルフには興味がないけれど、行ってみたいなぁ♪
それより太陽と青い空が羨ましい。こっちはどんどん日が短くなる一方、グレーな毎日です。でもクリスマスデコレーションのライティングがキレイなので救われるかも。

日本の朝1℃に負けずこちらは夜中、早朝はマイナスの世界です。(涙)コタツが欲しいよ~!って事で近々こたつネタで燃える年末商戦応援キャンペーンに参加予定です。その時は燃える年末商戦応援ブログにコメント又はTBしますので柴田さん、巡回しに来てくださいね~♪

羊さん、リンクありがとうございました。旅行記(ずぼら~ず証明)、とテンプレートの方までありがとうございます。私も近所のお店屋さん追加しておきました。

追伸:クリスマスカードギャラリー、カテゴリーによって色が違って素敵だぁ…。

2005-12-06 07:21 │ from mafmafURL Edit

夏、夏、夏、夏、ココナッツ

>>「柴巡」で大忙しの柴田さん
確かに感じ取っているけれど、目に見えなくて、心のどこかにしっかりと刻まれているのに、言葉に出来ない…。
そういったこと全てを表現してくれるのが、その土地の空気に漂う「かおり」や「におい」なんだと思う負けない羊です。
柴田さんの空気の「におい」が懐かしいっていう感覚、すっごく分かるような気がしました。

ニュージーランドの空気を、密封容器に詰めて、日本へ送って差し上げたい気分ですが、これって、やっぱり、実際にその土地で、自分の肌で感じ取らないと、本当の「かおり」や「におい」は味わうことが出来ないですものね。。。

やっぱり、南半球へ向けて、ふら~っと旅に出るしかないですよ、柴田さん!
「ちょっと、営業行ってきま~す」って言って、成田へ直行。(笑)


>>ずぼら~ず仲間のmafmafさん
こちらで暮らす日本人&過去に日本で暮らしたことのあるニュージーランド人の中に、日本からこたつを持ち帰って来た人がいるのを知っている負けない羊です。(飛行機って、いろんなものが運べるんですね。。。)

あ~、冬のドイツって、寒そうだけど、ホワイトクリスマスの中で輝くイルミネーションって、きれいでしょうねぇ~。
夏&クリスマス色は強くなりつつあるものの、なんせこちらは、今の季節、夜9時頃まで明るいので、ライティングを楽しむのも大変です。(←夜遅くに、一人でふらふら出歩けない”か弱き”羊。笑)

オークランド(北島にあるNZ最大の都市)に住んでいた頃は、この時期、海岸沿いに多いポフトゥカワツリー(別名クリスマスツリー)が赤と緑にきれいに色づいて、それを見る度、あ~、今年も、クリスマスの時期がやって来たなぁ~と思っていたものですが、クライストチャーチ周辺にはあまりなくて、ちょっと寂しいです。

イギリス辺りでは、既に寒波がやってきたとか。
ドイツ、そしてヨーロッパにとって、厳しい冬にならないことを祈ってます。
mafmafさんも、風邪をひかないように、気をつけて下さいね。


追伸1:↓そうそう、こんな記事を見つけて、ほんとかどうか、mafmafさんに聞いてみたくなった負けない羊。

あちこちに「責任は負いません」:これってドイツ流
http://www.asahi.com/world/germany/korette/TKY200511290337.html

追伸2:急いで作ったのがバレバレのギャラリーもチェックして下さって、ありがとうございま~す♪(文字が白く浮き過ぎだと思いつつ、色のセンスが無い負けない羊はどうしていいか分からず、雪の白さって思うことで、無理矢理納得しました。笑)

2005-12-06 11:17 │ from 負けない羊URL Edit

ドイツ流

「責任は負いません」ってドイツ流ですね。(笑) その記事を読んで「そう、そう」と頷きながら苦笑してしまいました。
賠償責任保険と言うのに私はまだ入ってないんです。ドイツに住んで10年以上だけれど、まだ責任を負わされそうになった事が運良くありません。でも近々入る予定です…と思いつづけて数年経過…。やっぱり『ずぼら~ず』だ。(汗)
ドイツ人の元同僚の口癖は、「僕のせいじゃない!」でした。これも所謂、「責任は負いません!」なんでしょうね。

>> 夜遅くに、一人でふらふら出歩けない”か弱き”羊 さん (微笑)

そちらの治安はどうですか?私が前に住んでいた大学で有名でそして日本人、アメリカ人観光客の多い町は治安がかなり良かったです。帰りが夜遅くなった時、同僚(ゲイ)の友達に『襲って~!(もっと言葉は悪かったですが)』と言っても何も起きないから1人で帰りなと言われました。(笑) 勿論、かな~り治安の悪い町もドイツにもありますよ。
それでは、羊さん狼には気をつけてくださいね~!

2005-12-07 02:33 │ from mafmafURL Edit

NZ流

NZでは、さしずめ「誰のせいでもない!」ってところでしょうか。(笑)
責任を負おうとしないのは、同じだったりして…。う~ん、強いて言えば、国や公的機関に責任を転嫁しそうな。
事故の場合、誰に責任があったかにかかわらず、怪我をした人の医療費は国の負担だったり。(って、結局はみんなの税金ですけど)

車や家(部屋)の賠償責任は、それぞれの保険でカバーされてますが、独立した賠償責任保険があるっていうのは、ドイツって、すっ、すごいですね。
ドイツに行くときは、海外旅行保険に絶対入っていかなきゃ。(←いや、どこへ行くにも入った方がいいんですけど)

NZの治安は、世界的にみれば、すごくいいと思います。
夜、車で外出するのは、全然平気です。ただ、歩くのはちょっとなぁ~。
だって、人がいないんですもの。(笑)
南島最大都市のクライストチャーチでさえ、夜、街をフラフラ歩いている人は、すっごく少ないです。そんなことしてるのは、観光客か、酔っ払いか、怪しい人ぐらい。。。(笑)

羊飼い(?)じゃなくて、一緒に歩いてくれるボディガードを見つけなきゃ!?(←ボディガードを募集しても、なんだか、負けない羊はガードする必要無し!って自信を持って言われそう…)

2005-12-07 13:25 │ from 負けない羊URL Edit

トラックバック

http://hitsuji.blog2.fc2.com/tb.php/61-dc981b2c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。